7月10日夜10時からスタート!
火曜ドラマ
『義母と娘のブルース』
主演・綾瀬はるかが初の義母役に挑戦!
笑って泣ける幻の4コマ漫画がついにドラマ化!!

作品紹介

母が病死し、まだ立ち直れていない父娘。しかし、父はある日突然新しい母を連れてくる。
実母への思いが抜けない娘は当然義母に反発し壮絶な義母VS娘のバトルが始まることに!
はたして、義母と娘は、わかり合うことができるのか?
不器用な義母が娘が父が、不器用なりに家族なろうと一生懸命奮闘する、笑いあり、涙あり、感動ありの4コマ巨編!!

人物紹介

岩木 亜希子(いわき あきこ) / 綾瀬はるか

業界トップシェアの金属会社で働くバリバリのキャリアウーマン。誰よりも真面目でその真面目さゆえ、“土掘り土下座”という宴会芸まで編み出してしまうツワモノ。普通の話し言葉にもビジネス用語を多用する。四六時中、仕事のことばかり考えており、趣味や人生を楽しむことなど知らないような仕事の虫。

<綾瀬はるかコメント>

キャリアウーマンが結婚、そして相手には子どもがいて‥
キャリアウーマンが仕事のようにはうまくいかず、子どもに悪戦苦闘する姿は滑稽なところもあるんですが、温かくて、クスッと笑えて、ほっこりする物語です。
視聴者のみなさまにもほっこりして頂ける様に頑張ります。

宮本 良一(みやもと りょういち) /竹野内 豊

老舗の金属会社に勤める。8歳の娘を持つ父親。朗らかな性格で日々、小さな奇跡を見つける目利きであり、周囲を和ませることについては天下一品。「みやもっちゃん」の愛称で親しまれ、職場では「みやもっちゃんはこの会社のひだまり。癒し」と年齢、性別を問わず社員に大人気。小さなことは気にせず、鈍感ともいえるし、包容力が大きいともいえる男。ある想いからライバル会社のやり手部長である亜希子にプロポーズする。

<竹野内豊コメント>

台本を読ませて頂き、「人との関係を結ぶこと」の意味を考えさせられました。
血の繋がりはなくとも、それぞれに日常起こる悲しみや喜びを、惜しみない愛と努力で共有していく家族の姿は、とても愛おしいです。
義母と娘と実父の、誰かを幸せにしてあげたいともがく様を毎週ご覧頂けたらうれしいです。
頑張ります。

麦田 章(むぎた しょう) /佐藤健

なかなか目標が定まらず、軸足が固まらないフーテンのダメ男

<佐藤健コメント>

不器用だけど、とにかく真っ直ぐ一生懸命に生きる登場人物たちが、とても愛おしい魅力的なドラマです。
視聴者のみなさまの背中を押せるような麦田章になれるよう全力で頑張ります。